1948年からずっと、あなただけの思い出をつくり続けています。

家を建てるなら、森の中であろうと、田舎であろうと 湖のほとり、海を見下ろす丘であろうと、
あるいは都会の一角であろうと、自然を身近に感じられる家が、ここにあります。

自由、低価格、革新的

1948年から、私たちは家と、そこに住む人々の思い出をつくり続けてきました。
そこには持続するPan-Abode体験を裏づける、長い歴史があります。
Pan-Abodeの実績ある住宅パッケージと注文住宅設計は、お客様にとって自由かつ低価格な建築システムをご提供します。これほど手軽に組み立てられる住宅は、他にはないでしょう。

歴史と遺産

1948年、デンマークの大工の棟梁だったオーエ・イェンセン(Aage Jensen)には、平穏で癒される大自然の真ん中に誰もが別荘を建てられるようになることを夢見ていました。その理想を軸に、Pan-Abodeという社名が選ばれました。Panは、自然や農牧の神として古くから崇拝されてきたギリシャの牧神パンにちなんだものです。イェンセンはそれまで培ってきた大工技術と木材の特質についての知識を活かし、インターロッキング建築システムと「ロックジョイント」コーナーを考案し、それが今ではPan-Abodeの代名詞となっています。

イェンセンは、優秀なエンジニアでビジネスマンのアルバート・シュタイナー「博士」(Albert "Doc" Steiner)とパートナーを組み、Pan-Abodeの夢を、すべての家族が手頃な価格で築き上げることができるようにしたのです。先見の明があるこの二人のエネルギーがひとつになり、Pan-Abodeの家は北米中の湖のほとりで見かけるようになり、アメリカ大陸のコテージ文化の進展において重要な役割を担いました。さらに、Pan-Abodeの家はサマーキャンプ、マイニングキャンプ、教会、フィッシングロッジ、ホテル、モーテル、レストラン、ガソリンスタンド、銀行としても建てられています。オーエ・イェンセンとシュタイナー「博士」の共同事業は徐々に拡大し、Pan-Abode独自の商品をカナダ、アメリカ、そして世界中に提供する販売店のネットワークを築きました。これには、南極大陸にある研究施設も含まれています。

日本の遺産

Pan-Abodeの家は世界中にありますが、とりわけ日本はPan-Abodeの歴史において大変重要な一部分を占めてきました。1970年代以降、日本の施工業者や開発業者が高品質かつ低価格な「リゾートライフ」の豊かさをお客様に提供したいと思っていた矢先、それを叶えるのにうってつけなソリューションとしてPan-Abodeの家に目をつけたのです。
そして北海道から沖縄まで、日本中に数えきれないほどPan-Abodeの家を建ててきました。過去にPan-Abodeで家を建てたお客様から、20年、30年経っても最高の住み心地だと誇らしげに家を見せてくれることにこの上ない感動を覚えます。日本の非常に厳しい気候では、多くのログハウスが品質に関する問題を抱えているのに対し、Pan-Abodeは特許を取得したシステムと高品質のウェスタンレッドシダーを使用することにより、住宅の優れた性能を実現しています。現在でも、日本のログハウス業界ではPan-Abodeの名が伝説となっています。